Bridal How to

 

ウェディングドレスQ&A

腕やバストなどの上半身をカバーしてくれるウェディングドレスはありますか

ウェディングドレスを着るには痩せないといけないと思っている人が多いと思いますが、ウェディングドレスは意外と体型をカバーするものがあり、オフショルダータイプのウェディングドレスなど、首まわりのデコルテゾーンをとても美しく見せ、それに上腕の部分に肩紐があることによって、二の腕を細く見せる効果があるのです。
また、バストは隠そうとしないで胸元が開いたウェディングドレスを選ぶようにしましょう。ベールとの相性がよく、女性らしくて可愛らしい印象を与えます。
首を長くほっそりと見せると上半身、全体もすっきり感が出るので、深めのVネックやコサージュなどで目を引くと体系をうまくカバーすることができると思います。上半身がぽっちゃりしていても、新婦が持つ雰囲気や顔立ちなどによって、ウェディングドレスも変わってきます。
それに一般的な質問で普通の新婦の人に一番隠したい所はどこですか?と質問したらほとんどの人の答えが「二の腕」って言う人が多いのです。
気になって隠したいので半袖にするという人もいるのですが、思い切ってベアトップなどにして上半身を出すことによってウェディングドレスが似合ってくると思います。肩を出すタイプでも、太めのストラップや半袖にならないオフショルダーなど、袖から出る腕を意外と細く見せることができます。
ウェディングドレスで体型をカバーすることはもちろん、ヘアスタイルやアクセサリーなどの小物を使ってカバーすることもできます。

 
 

マーメイドタイプのウェディングドレスが入らないのですが、レンタルのドレスだとは何cmぐらい直し可能ですか?

ウェディングドレスの生地にもよるのですが、透けた素材でなければ2cmぐらい直しすることが可能ですが、直しをして着用するよりも自分の雰囲気やサイズに合って、美しく見せてくれるウェディングドレスを選ぶのも一つだと思います。
ウェディングドレスは洋服とは違うので、最初イメージしなかったデザインのウェディングドレスを着て見ると似合っているものがあるのでそういったものを探した方が良いと思います。
マーメイドタイプのウェディングドレスは詰めたり延ばしたりするとラインが崩れてしまうので、通常は直しなどをしていなく、マーメイドタイプのウェディングドレスはラインが命なので、ウェストとバストに差をつけるよりか、全体的にワンサイズ上げて着た方がキレイに着こなせると思います。
また、レンタルウェディングドレスは基本的にお直しすることができないのがほとんどです。

 
 

試着する時に気をつけた方が良いポイントはありますか?

ポイントはいろんなスタイルのドレスを試着してみることが良いと思われます。
最初は自分の好みのタイプのウェディングドレスを試着してみると良いのですが、その他のデザインのウェディングドレスを着てみると思わないタイプのデザインで自分に良く似合ったものを発見することができ、周りから好評だったりするものもあります。
腕や胸のポイントだけ気にするのではなく全体のバランスを考え、自分がイメージしていたウェディングドレスと一致する物を選ぶのが良いと思います。
ウェディングドレスの一部や細かい小物などは、試着する時に鏡越しに見るととても気になるのですが、挙式の会場や披露宴会場は広いのであまり気になりません。
それに写真写りだってアップよりもドレス全体のほうが多く移っているので、試着のときはある程度距離をとってもらい写真などを撮ってから確認するとバランスなどわかり易いと思います。
全体のバランスと新婦が着たときの雰囲気を見て、自分が着て気持ちの良いものを選ぶのもポイントの一つになります。
自分が試着しているときは、正面のポーズやドレスデザインなどに意識がいってしまいます。客観的視点で見るためにも、正面や腰よりも上の正面アップや横向き、バックスタイルなど写真に必ず残し、意外と見落とし易いのが、自分の肌映りで、自分のお肌の色が明るく映える衣装にするのも一つのポイントです。
また、当日の表情などとっても大事なので、試着するときは表情作りやポージングなども是非チェックし、コサージュの付け位置でもドレスの表情が変わってくるので、いろいろ試しましょう。

recommend

新宿で人気の納骨堂を比較ランキング形式で徹底比較

2017/12/11 更新